ECサイト構築サービス選びのポイント

ECサイト構築サービス選びのポイントに、セキュリティについて焦点を置いてご説明いたします

月別: 2017年9月

サイト自体を管理する

プログラムに関しては、常に更新をして新しい状態にしておくという対策が取れますし、ウイルスソフトの導入などである程度対策を取ることができるでしょう。しかし、それだけでは十分な対策ができているというわけではありません。では、どのような点に注意すればよいのでしょうか。それはサイト自体をしっかりと管理することです。そんな中でも重要なのは、パスワードだと言えるでしょう。パスワード

個人であっても法人であっても、パスワードというのは変更しないでそのままにしておく人が多くなっています。なぜなら長くて複雑なパスワードにしているので、全く問題ないと考えている人が多いからでしょう。個人の場合には比較的複雑なパスワードに設定していることが多いのですが、企業の場合には安易なパスワードにしていることも決して珍しくはありません。

そのため、定期的に変更しておかないと、適当に入力しただけでもパスワードを入力されてしまう危険性があるのです。しかも会社を辞めた人がパスワードを入力して嫌がらせをするという可能性も考えられるので、企業の場合にはたとえ複雑なパスワードを使っていたとしても、定期的な変更が必要になります。そうしないと外部に漏れてしまう可能性が出てくるでしょう。

脆弱性を解消する

個人でパソコンを使用している場合であっても、よく耳にするのがプログラムの脆弱性を狙った個人情報の抜き取りです。このような脆弱性を利用した個人情報の抜き取りを解消するためには、常に最新のプログラムを適用することが重要になります。よくシャットダウンしようとすると、更新プログラムのダウンロードやインストールができるという情報が画面に表示されることがあるでしょう。

個人情報これは個人情報の抜き取りを防止するために、新しいプログラムを更新するために行われている処置なのです。これによってウィンドウズなどのOSが持っている脆弱性を防止することができます。個人であってもプログラムの更新は必要不可欠なのですが、企業で使用する場合であれば、なおさら行っておくべきことだと言えるでしょう。ECサイトを用いる場合であっても例外ではありません。

特にサイトそのものを構築するプログラムや、サイトを動作させるために用いられているプログラムなどは、常に最新の状態にしておくべきでしょう。そうすると最新のプログラムを打ち破るための悪意のあるソフトがまだできていない状態なので、セキュリティはかなり高くなると言えるのです。忙しいからとおろそかにしないで、必ず最新の状態を保っておきましょう。ECサイトの構築サービスを利用を検討している場合は、その業者のセキュリティに関する取り組みがいかほどのものなのかを、しっかりと事前に把握してから依頼するようにしましょう。

参考・・・ECサイト構築MODD~セキュリティ対策~